top of page

子ども・小学生向けプログラミングスクールの違いとは?ドローンプログラミングの魅力  |小学生 子ども プログラミングスクール D-TYPE.|

更新日:7月7日

「小学生 プログラミングスクール」や「子ども プログラミングスクール」と聞くと、どれが最適か迷う方も多いでしょう。特に、マインクラフト、ロボットプログラミング、ドローンプログラミングなどの違いは、なかなか分かりにくいですよね?


今回は、それぞれのプログラミング教材の特徴を紹介し、特にドローンプログラミングの良さをお伝えします。



マインクラフトプログラミング


- 特徴: ゲーム感覚でプログラミングを始められるため、初心者にとってハードルが低いです。自発的に学びたいと思える環境が整いやすく、視覚的にプログラムの成果が確認できるため、楽しみながら学べます。


- デメリット: うっかりするとゲームとして楽しむだけになりがちです。攻撃的なシーンもありますので、現実世界とマインクラフトの世界の違いを理解させることが大切です。



ロボットプログラミング


- 特徴: ロボットの組み立てを通じて手先を動かしながら学ぶことで、論理的思考力を鍛えられます。自分のプログラムが目の前のロボットに反映されるため、原因と結果の理解がしやすいです。


- デメリット: 組み立てに時間がかかり、プログラミングスキルを向上させるまでに時間が必要です。また、ロボットの動きが単調で、興味を持続するのが難しい子もいるかもしれません。



ドローンプログラミング


- 特徴: ドローンが指示通りに動くことに加え、外部環境(例: エアコンの風)にも影響されるため、よりリアルなプログラミング体験ができます。最新技術に触れることで、自信を持ち、ニュースにも興味を持つようになります。空を飛ぶドローンは、男の子も女の子も、さらには家族全員が夢中になれる魅力があります。楽しさが学びの継続につながり、ドローンプログラミングはその楽しさを保証します。


- 大会参加: ドロカツ大会(ドローンプログラミングコンテスト)では、チームで参加し、協力の大切さを学びます。2023年度には、D-TYPE.の生徒が優勝と準優勝を果たしました。チームでの取り組みが、スキル向上につながります。




- 学習内容: プログラミングはビジュアル言語から始まり、Pythonまで学びます。PythonはYouTubeやInstagramでも使用される人気の言語で、子どもたちの興味を引きやすいです。


- 手間いらず: ドローンは組み立て不要なので、すぐにプログラミングに取り組めます。



まとめ

「小学生 プログラミングスクール」として、どの教材を選ぶかはお子様の興味によりますが、ドローンプログラミングは間違いなく魅力的な選択です。最新技術に触れ、楽しく学ぶことで、子どもたちの未来を切り開く力を養います。


|小学生 子ども プログラミングスクール D-TYPE.|


閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page